ブラック ク ランズマン。 映画『ブラック・クランズマン』白人至上主義団体に潜入する黒人刑事を描いた実話、スパイク・リーが映像化

『ブラック・クランズマン』が実話を超えた衝撃作となった「3つ」の理由!

ク ランズマン ブラック

☝ 若きスカーレット・オハラが近道をしようとして黒人に襲われ、大農園にいた黒人奴隷頭ビッグ・サムに救われる。 加えて、ロンの頼れるパートナーとなる白人警官のフリップが、実はユダヤ人という設定も非常に効果的であり、ロンと違って外見からはフリップの人種が分からないため、ユダヤ人に対しても激しい差別意識を持つKKK側に彼の正体がいつバレるのか、最後まで緊張感が持続するのは見事! (C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED. そのような行為を繰り返した結果、テロリスト集団として多くの人に認知される結果となり、支持者は離れていったものの、現代でも過激な白人至上主義者たちを集めて存在している組織だ。

解説・あらすじ

ク ランズマン ブラック

😩 しかし、黒人であるロンは姿を見せての潜入出来ないために、相棒である白人のユダヤ人刑事であるフリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)に代行してもらうことに。 1979年生まれのピールに対し、スパイクは1958年生まれ。

19

『ブラック・クランズマン』感想(ネタバレ)…スパイク・リー・パワー炸裂!

ク ランズマン ブラック

♻ 期待に応えてリーは、KKKの醜悪さと黒人運動のクールネスを対比し、ハリウッドにはびこる差別意識を皮肉りながら、KKKの大幹部デヴィッド・デュークが劇中で繰り返し唱える「アメリカ・ファースト」が国家の政策となってしまった現在のアメリカを叩いてみせる。 疑いの目を向けて割とコイツは利口なのかなと思ったフェリックスさえも、銃で使えと脅したのが 「嘘発見機」です。 また、第76回ゴールデングローブ賞においては、作品賞をはじめ、監督賞 スパイク・リー 、主演男優賞 ジョン・デヴィッド・ワシントン 、助演男優賞 アダム・ドライバー にノミネート。

12

解説・あらすじ

ク ランズマン ブラック

🌏 その評価に関しては筆者の意見は控えるものの、多くの人が印象に残ったのではないだろうか。 1948年にトルーマン大統領が差別の禁止令を出すものの、それが浸透するまで時間がかかり、本格的に公民権運動がスタートしたのは1950年代になってからだ。

11

スパイク・リー真骨頂! 娯楽とメッセージが融合した『ブラック・クランズマン』は真の“勇気が出る”映画

ク ランズマン ブラック

👉 現在までつづく、半世紀前の負の遺産 『ブラック・クランズマン』の題材は、黒人警官のロン・ストールワースが、ブラックパワー運動が盛り上がっていた1970年代に白人至上主義者の秘密結社、 クー・クラックス・クラン(KKK)の潜入捜査をした実話だ。 そんな中でメキシコやイスラム教徒との対立を表明したトランプ大統領の誕生により、多くのアメリカ国民の中で壁が生まれている。 社会派の一面も強いものの、基本的にはコメディタッチに描かれており、皮肉なども多く笑いながら気軽に鑑賞できる作品に仕上がっている。

5

『ブラック・クランズマン』 ― スパイク・リーが改めて問う「奇妙な果実」【映画の今、世界の今】

ク ランズマン ブラック

🍀 」と評している。

20

『ブラック・クランズマン』映画評:スパイク・リーの抱腹絶倒な最高傑作

ク ランズマン ブラック

👀 black: ここでは「 黒人」という意味です。

4